貧血に効果がある

葉酸とはどのような栄養分か

葉酸は水溶性ビタミンの1つで、ビタミンBの仲間です。ほうれん草の葉から発見されたことでこの名があります。 葉酸はいわゆる緑黄色野菜に多く含まれます。ほうれん草のほかブロッコリー、チンゲン菜、モロヘイヤなどが葉酸を含む食品の代表格です。ただ注意すべきなのは葉酸は火や水に弱いということで、加熱調理するとその量が減少してしまいます。そのため、葉酸サプリによって補うことが推奨されているのです。 成人男女における1日当たりの必要摂取量は200マイクログラムで、240マイクログラム程度が望ましいとされています。

葉酸が欠乏するとどうなるか

葉酸はDNAを構成している核酸の合成に関わっているほか、アミノ酸の合成を促進したり、皮膚粘膜を強化したりといったさまざまな働きを持っています。中でも血液との関係が深く、赤血球の合成には欠かせない物質です。そのため葉酸が欠乏すると悪性貧血などを招くおそれがあります。 また、特に葉酸を必要とするのが妊娠中の女性です。妊娠初期の細胞分裂が活発な時期に母胎が葉酸不足の状態だと、生まれてくる赤ちゃんに神経障害が発生するリスクが高まると言われています。そのため、妊娠の可能性がある女性に対しては1日あたり400マイクログラムの葉酸摂取が推奨されています。ダイエットなどで葉酸を含む食品を十分に摂っていない女性は、葉酸サプリを利用することで摂取量を増やすことが大事です。