Category

成田の帰路と精神衛生

成田空港から国内や海外旅行に旅立たれる方は、毎年多数いらっしゃいます。皆さまそれぞれの交通機関でやって来て、旅先でステキな思い出を作り、大量のお土産を購入し、そして成田空港に戻ってこられます。そしてまたもや、お土産やら洗濯ものやら荷物満載の状態で、それぞれの交通機関に寿司詰めになりながらお帰りになられる映像は、もはや毎年の風物詩のようになりつつあります。
成田空港駐車場というのはご存知でしょうか?文字通り、マイカーで成田空港までやって来て、旅の間中、ずっと駐車していても問題無い場所が、成田空港駐車場です。最近この成田空港駐車場を利用されている方が増えてきています。確かに旅の間中、駐車料金は発生致します。それは事実です。ですが24時間の最大料金が設定されているのが殆どですので、成田空港駐車場の料金総額と、成田空港にアクセスする交通機関の料金を比較すると、成田空港駐車場の方が確かに高いですが、そんなに遜色のない金額になるのです。
旅の帰路、満員電車に揺られながら帰宅するか、停めておいたマイカーに荷物やお土産を載せ、気軽に運転して帰宅するか。精神衛生上、マイカーの方が疲れにくいと思われます。次回の空の旅では、是非検討してみてください。

高いイメージの駐車場は一昔前

空の旅、などと形容される飛行機ですが、昨今ではLCCの参入などにより、飛行機の運賃が良い感じに下落傾向です。新規参入勢であるLCCはもとより、国内の航空会社各社がそれぞれの企業努力によってコストを削減し、運賃へと還元している結果と言えます。一昔前の固定化された航空会社の頃では考えられなかったことです。このような競争原理は、資本主義社会の本来あるべき姿であるとも言えるでしょう。そしてその原理は、航空会社のみならず、成田空港駐車場にも押し寄せている事はご存知でしょうか。
それこそ一昔前、成田空港駐車場と言えば、料金的に非常に高額なイメージでした。旅先に滞在中も料金を取られる訳ですから、なかなかマイカーで空港に行くという発想にはならず、公共の交通機関やリムジンバスの利用になります。ですが最近、成田空港駐車場の料金が、これまた良い感じに下落傾向なのです。
これは空港最寄りの駐車場のみだった営業体制の変化が影響していると思われます。少し離れた場所に駐車場を設け、土地代を抑えます。そして空港までの送迎をすることで、不便を取り除きます。このような企業努力を各社が繰り返し、航空会社の運賃で巻き起こっているような競争が、成田空港駐車場にも起こっている訳です。

PICK UP

News

2017/12/25
昔と今で違う成田空港を更新致しました。
2017/12/25
利用前にあらかじめ確認しておくことを更新致しました。
2017/12/25
サービス内容からより良い成田空港駐車場を選択を更新致しました。
2017/12/25
駐車場ごとのプランを確認を更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加